武道 宇城塾長の新DVD 『サンチン中巻』に寄せられた感想2013/10/06 

今夏発売となった、宇城塾長のDVD『サンチン中巻』。型の詳細な動きや分解組手を中心に紹介した『上巻』に続くこの巻では、とくに内面に重点が置かれ、中心力、回転力、瞬発力、貫通力、調和力、重力といった、目には見えないが、そこに確実に存在し、気の発露につながっている働きを、CGを駆使して立体的に解説しています。












 
武術の絶対条件を解説するDVDでありながら、中心をつくる、ぶれない心をつくる、など、日常のなかに生かされる指針にも深く繋がっていることが示唆されています。
以下は、『サンチン中巻』に寄せられた感想です。


●術技が事細かに解説  千葉 会社員 20代 男性
サンチン中巻を鑑賞させていただくと、型の中に込められている様々な術技が事細かに解説されていて、とても素晴らしいものでした。その中で特に、中心をもつことの大切さを訴える内容が印象に残っています。自分の生活の中で、自分の中心がずれていると感じることがときどきあります。しかし、そんなことではいけないとわかりました。これからは自分の中心をしっかり保ち、目の前の人、物にしっかり向き合っていきます。「逃げない自分を作る、そこから初めて気が出てくる」宇城先生のこの言葉の通り、自分のスタート地点は、まず逃げない自分を作ることです。自分と向き合い、相手と向き合う。そこから初めて自分のやるべきことが見えてくるのだと思います。 



●頭ではなく身体が納得  岩手 教師 50代 男性
いままで、上巻を何度も見ながらサンチンを稽古していましたが、中巻ではその意味が詳しく説明されていて頭ではなく身体が納得するような気持ちになりました。書籍『心と身体の神秘』と中巻の内容がリンクしていてとてもよかったです。頭でわかることは真実に近づいているとは言い難いのかもしれませんが、宇城先生の説明がすっと心に入ってくるのを感じます。



●日々の生活から変えていかなければならない  埼玉 会社員 30代 男性
 サンチン中巻を拝見して、まだまだ自分自身に足りないことがよく分かり日々の生活から変えていかなければならないと強く感じました。全ての事柄に逃げずに向かっていく。その心が型となり形になっていくのだと感じました。逃げている自分は真っ直ぐに相手に入っていけない。それは普段の生活から覚悟がないからだと感じました。いくら技術を見ても心が伴わなければいつまでも自分のものとはならないのだと教えられました。



●他にない深い内容  兵庫 会社員 40代 男性
 型の内面を詳細に追求した内容に大変感銘を受けました。
型のDVDでここまで深い内容のものは他では観たことがありません。 「百見は一触に如かず」の言葉のとおり、宇城道塾で教えていただいている内容のレベルの高さを改めて感じています。 特に、内面の高速化、内なる気を再現しているCGで、宇城先生に教えていただいていることの理解がさらに深まりました。



●型ができるだけではないDVD  茨城 会社員 50代 男性
サンチンの型が詳細に明確に示され、特に目には見えない内面の働きを中心に示されています。これはまさに型が出来るだけでなく、宇城先生の探求心と知力、まさに統一体の働きで誕生したDVDだと考えさせられます。



●内面についてわかりやすく解説  東京 30代 男性
上巻でサンチンの基礎を拝見しましたが、中巻は内面について分かりやすく解説しており、非常に参考になりました。「中心を持つ」ことについて、サンチンの中でも常に意識し、日常の生活にも「芯」を持って行動したいと思います。



ニュース一覧に戻る