武道 宇城塾長と映画監督 岩崎雅典氏の対談 『道』182号2014/10/29 

宇城塾長による巻頭対談と、 塾長の武道観や生き様を綴った連載「気づく、気づかせる」が掲載された季刊『道』182号が発売されました。

今回の対談のお相手は、「生きもの地球紀行」や「野生の王国」など動物の生態を克明に記録する作品を手がけてこられた映画監督 岩崎雅典氏です。
福島原発事故以降、被曝した福島の地域に生きる動物に焦点を当て、その変化、事実をドキュメンタリー映画『福島 生きものの記録』で伝え続けておられます。


福島 生きものたちの記録 真実に目を向け、伝え続ける


「『いい、悪い』『賛成、反対』ではなく、『こんなことが起きているよ』と伝えていくしかない。
 それを判断するのはそれぞれですが、これから何十年と生きる子供たちが、
 現実と向き合って真剣に観てくれることは作り手として嬉しいです。」   (岩崎氏)


「私はすべての土台となる『心』を取り戻すことだと思っているんです。
 考える以上にまず行動を起こす。そして『行動が心をつくる』。
 そこに強い意志と信念が生まれてくると思うんですよ。」 (宇城塾長)









賛成、反対という人間中心のものの見方、考え方で語られがちな原発事故を、自然、動物という視点からとらえる時、そこに見えてくる真実とは何か。
自ら危険区域に何度も足を運び、ゴールなきマラソンを走り続ける岩崎監督が、映画作りへの情熱、信念を宇城塾長に熱く語ります。

また宇城塾長はこの度、岩崎監督の「一人でも多くの人に真実を知ってほしい」という願いに応える形で自主上映会の開催を決断されました。この上映会は、塾長に学ぶUK実践塾の塾生有志によって実施されます。当日は、岩崎監督の講演会もあります。

日 時: 2014年11月3日(月・祝)13:00〜16:00
会 場: 町田市文化交流センター(5F けやき)
参加費: 大人 2,000円  子供(12歳以下)1,000円
[詳細・お申し込みはこちらです]








塾長の連載「気づく、気づかせる」。
今回のテーマは、「宇宙のエネルギー『気』」

「人間のレベルを上げていけば、
  未来に争いのない時代の基礎を築くことができる」

9月に行なわれたアメリカ・シアトルでの空手セミナーにおける塾長の指導と示される事象を丹念に追いながら、受講生を変化・成長に向かうエネルギーの根源は何かを伝えています。


詳細は、こちらです。
[季刊『道』182号]
ニュース一覧に戻る