武道 大阪産業大学野球部 実践講習会感想文2016/06/12 

去る、5月3日大阪産業大学野球部にて、宇城塾長による実践講習会が行なわれた。
今回の講習会は、大阪道塾の塾生であり、大阪産業大学・硬式野球部監督の宮崎正志氏の要請を受けて開催された。
リーグ戦期間のため、宇城塾長は200名部員のうち30名限定で指導を行なった。

大阪産業大学野球部 実践講習会感想文

■ S.T 21歳
先日宇城先生のご講義を聞かせて頂きましたがまず今までやってきた野球の姿勢が全て間違っていたと言うこと。やっていることが甘すぎると言う事に気付かせて頂きました。自分自身宇城先生のご講義を聞かせて頂くのは今回で4回目になりましたが一回一回が違う話で毎回毎回勉強になることばかりです。初めて聞いた時は本当に驚きしかありませんでした。驚きすぎて理解するのに時間がかかりました。ですが何回も聞くうちにそれが当たり前と言う考えにもなってくるようになりました。その考えがプレーにも出てくるようになればそこが成長だと思います。でもまだまだ自分自身も甘いところが多くプレーに反映されてない部分が多いのでそういうところにも反映されるように頑張って行こうと思いました。

■ H.Y 21歳
今回は、わざわざ宇城先生にグラウンドまで来ていただき、目の前での実践や、身振り手振りを交えながらスイングのことや投球動作の事など、教えていただき良い勉強になりました。野球を通してでしたが、身体の使い方を教えていただき、今まで自分がやって来たものが間違った身体の動かし方だったということが非常に良くわかりました。力の抜き方や、入れ方、バランス、何処をどうやって動かせば違いが出るなど、頭で考えることが多かった自分が、宇城先生の講習を受け、まだまだですが頭で考えるより、先に身体で感じることが出来るようになりました。息をハッとはいてどっしりと構えることができたり、脇を締めるとこによって力の出し方が変わったり、バットの握り方など細かいところまで教えていただき、すぐにでも実践してみたいという自分がありました。今回はメンバーだけという少ない人数でしたが今回教えていただいたことを、他のチームメイトに教えていきたいと思います。短い時間でしたが産大野球部のためにわざわざ来ていただき本当にありがとうございました。

■ S.U 21歳 
宇城先生の講義を受けました。真剣勝負といまの人たちは簡単にこの言葉を口にして使っていますが、宇城先生の話、本物の真剣を見て自分達の勝負に対する姿勢、甘さ、平和ボケしているんだと感じました。自分自身講義を受けて1番驚いたことは体の使い方や気の持ち方1つで行動が変わることでした。指導を受けてからのスイング1つにしても変化がありました。そこには力みということがなくただ姿勢を意識するだけで、ほぼ無意識できるようになり考えるてから行動するのではなく、もう行動に移っている感覚でした。野球以外でも上達するためには、変化していくそして変化を楽しむというふうに言われました。まさにその通りだと思います。変化できるものは原点に素直な心、謙虚な気持ちがあり、そこをおろそかにしてはいけないと改めて感じることができました。



重さが全く異なるスイングを指導する宇城塾長


■ T.S 21歳
今回宇城先生にお忙しい中、僕たちだけのために大学の室内練習場まで来ていただき、講習会を開いてくださいました。以前にも桜井高校で一度受講させていただきましたが、その時と違って今回は少人数での参加だったので、より近い距離で直接身振り手振りご指導していただきました。気を意識した体の使い方をするだけで、重心が落ちてどっしりするという感覚は本当に感じましたし、これは野球の動作でももちろんのこと、普段の生活でも意識してできることはあると思います。宇城先生にピッチングを指導していただいたのですが、投げる前の目線が良くなったと言っていただき驚きました。目線は全然意識していなかったのですが自然と目線が変わっていたのことに自分でも気がつきませんでした。今回とても貴重な経験をさせていただいて本当に感謝しています。宇城先生に教わったことを今日来れなかった人たちにも伝えていきたいと思います。ありがとうございました。

■ T.T 19歳
今日の実践講習会を受けて思ったことは、普段プレーしている形の中でいろいろなところで無意識に自分の持っている力などが抜けてしまっていることを知りました。盗塁やバッティングフォームなどでは、普段とあまりバッティングフォームを変えなくてもちょっとしたところを変化させるだけで、体の重心が下に下がったりといままでに感じたことのない感覚がありました。二人一組や三人一組などで実践しながら講習を受けたことで言葉だけでは伝わらないことも伝わってきたと思います。少し息を吐くだけで人間の体重は変わらないのにあれだけ持ち上げる力の量が変わるのには驚きました。これからは今日のことを忘れず、あるだけの力を無駄なく使っていけるようにしようとも思いました。



少数グループで、塾長から細かい指導を受ける


■ K.G 21歳
宇城先生のお話を聞かせていただいて、1番に感じている事は力みが入った状態では、人間は本来の力を発揮することができないということです。誰もがその事は十分に理解していると思います。しかし、分かっていながらも力んでしまいます。だからこそ重要なんだろうなと感じました。そういった場面に直面した場合、力みながらやるのも良いと思います。しかし、身体で実感したことが全てですから、そういった身体作りをしていかないといけないと感じました。個々で感じ方はそれぞれだと思いますが、こうあるべきだと分かっていながらも実践できないような事、もう一度見つめ直さないといけないような所を、気付かせていただいたり、振り返らせてくれる様なチャンスをいただきました。このチャンスをきっかけに、個人もチームも一歩前進できたらと思います。ありがとうございました。

■ T.I 22歳
今回初めて宇城先生の講習会を聞くことができました。まずバットスイング以外の体の使い方や気のめぐらせ方を教わりました。それをする前にバットが飛ぶくらい変わるから横の人と感覚をとってくださいと言われました。そして三種目が終わったあたりでスイングをしたとき本当にバットが手から離れそうになるくらい前にバットが走るという感覚を一度だけ感じすごく驚いた自分がいました。宇城先生が刀を使って解りやすくかつ緊張感のある刀さばきを見せて頂きすごく理解しやすかったですし生きるか死ぬかの覚悟を持つと研ぎ澄まされるのだと感じました。また、僕達大学生の目線でお話していただいているのは感じましたしそんな謙虚な気持ちも見習い吸収できることだと思いました。ありがとうございました。

■ K.H 20歳
5月3日に宇城先生が産大野球部だけのために来ていただきました。身振り手振りを交えながらの話だったので非常に分かりやすかったですし体は素直に反応するのだなと思いました。世界的にも実践を通して学ぶことが主流になってきている中で体を動かしながら学べたことはいい体験をさせていただきました。呼吸ひとつで何倍ものパワーになることは野球のときだけでなくこれからの生活においても実践していきたいと思いました。急に試合でできることではないと思うのでこの効果を練習から自分のものにしていきたいと思います。非常に貴重な体験をさせていただきました。ありがとうございました。

■ S.K 20歳
今日は朝から練習にいってから、授業におり、昼から室内で宇城先生の講義を受けさせてもらいました。講義では、野球だけに関わる話ではなく自分達が普段生活している中で関わっていることなど、いつもなにげに使っている身体の使い方の間違いなどすごく勉強になりました。同じ身体でも、筋力つけたりするのではなく身体の使い方でもパワーや力強さなどは何倍にもなることを身をもって体験させていただきました。また、話を聞いている中であまり難しいことはお話しされて無かったのですが、考えてみると奥が深いなと感じました。野球で相手に勝つとか、自分がうまなるためだけに今回の講義をいかすのではなく今日これていない人達にも、こんなことがあったと自分なりに伝えて、もっと知らない部分まで気づけていければなと思いました。すごく良い講義になりました。これからも、個人的に知っていければなと思いましたし、ぜひまた講義を受けさせていただければ嬉しいです。宇城先生にセンスがあると言ってもらえてこれからどこまで自分が伸びれるかわかりませんが、ただただ頑張るのではなく、今日先生がおっしゃっていたように考える力をつけて練習にも生活
にも取り組んでいきたいとおもいます。不思議と人間の身体は鍛練によってその環境に対応していくものだと最近は感じています。甘いことをしているとそれにあった身体になっていくし、また逆のことも言えます。普段から気を入れることによって自然と自分の体についてわかると思うので、そこを自分自身で分かっていければなと思います。



筋力ではない身体の力を実践を通じて指導する塾長




部員全員で押してもびくともしない。逆に全員が動かされてしまう



■ M.S 20歳
宇城先生の話を聞いて、身体の使い方や気の入れ方などさまざまことを自分の身体で実感してそういったことを変えることで強いスイングになったり身体にブレがなくなり強い身体になったなと感じました。プロ野球では毎年100人程がリストラされて職を失い次の職に就くのに非常に困っていると聞いて野球だけをしていてもダメだなと改めて感じました。野球から得られるものはたくさんあると思うので吸収していきたいと思います。野球やトレーニングは自分との戦いで決まるので自分に妥協しない生き方をしたいです。野球ができる環境や道具を大切にすることなど感謝の気持ちを忘れずにこれからもやっていきたいと思います。ありがとうございました。

■ K.M 19歳
今回宇城先生の講習を受けさせてもらい野球につながる体の使い方を教えてもらいとても勉強になりました。最初は話を聞くだけだと思っていたけど、実際に自分らでやって効果を直ぐに体感できたのでこれからの練習や試合にも直ぐに役立てていこうと思いました。筋力をつけたりすればできると思っていたスイングスピードを上げることや球速を早くするなど力が必要になることも体の使い方一つで今までよりもアップすることができたのでただ、筋肉をつけるだけでは意味無いと今回の講習でわかりました。宇城先生に最後に言われたように何をするにも横着することなく野球以外のこともしっかりしていこうと思います。礼儀や姿勢が何をするにも大切だと講習を受けて思ったので野球では勝っても負けても態度を変えずにいこうと思います。宇城先生の講習の講習で教えてもらったことは短時間でいつでもできることなので練習に上がれない日に家でやったりしようと思いました。ありがとうございました。



ニュース一覧に戻る